2015年10月27日

美白は1日にしてならず

化粧水や乳液。美容液などをつける場合、
素手がおすすめです。

温めた手で乳液やクリームを塗りこむと体温で化粧品が温まり
粒子がなめらかなって浸透度が高まります。


つけ方としては、中指と薬指の腹で顔の内側から外側へ
下から上へなじませ仕上げに目の周りとフェイスラインを抑えます。


入浴直後の手が温まっているうちのスキンケアは、毛細血管や毛穴も開いた状態なのでとり効果的です。
または、塗った部分を温かい手のひらで包み込み抑えるだけでも血行を促進できます。


東洋医学では、よく知られていることですが、自分の手のひらに意識を集中するだけでも手のひらの皮膚温度はあがりますので、
ぜひお試し下さい。

posted by eco at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美白は1日にしてならず2

洗顔後の肌は、汚れとともに肌のバリア機能を持つ皮脂膜。
そちらは天然のクリームといわれ、それも洗い流した状態になるため、
とてもデリケートです。

そのままにしておくと無防備な肌からは水分が蒸発し乾燥してしまいます。
なので洗顔後200秒以内に化粧水をつけて水分補給をすることが大切です。

もし乾燥してターンオーバーが乱れるとシミのもとが肌にとどまってしまい
シミに繋がります。

よくパチパチ顔をたたいて化粧水をつける人がいますが肌を傷めるので
避けましょう。


日本は世界で最も化粧水が売れている国です。
化粧水は透明感のあるみずみずしい美白への第1歩です。


しかし砂漠に水をまいてもすぐに乾いてしまうように
化粧水をパッティングしても乾燥は収まりません。

洗顔後は化粧水だけでなく、乳液か保湿クリームを塗って
洗顔で落とした汚れとともに肌が乾燥しやすくなるのは肌の水分を守る
必要があるので、ご注意を。


posted by eco at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

美白は1日にしてならず1

ブログランキング参加中です。
クリック後、コメントいただければ
こちらからクリックします。


美白・美肌 ブログランキングへ



美容・ビューティー(全般) ブログランキングへ


スキンケア ブログランキングへ

美白を手に入れるためには、朝晩のスキンケアなくしては語れません。まず大切なのはクレンジングと洗顔です。肌を酸化させてシミの原因をつくる汚れや皮脂を、クレンジングと洗顔でしっかり落とし、清潔さを保つことは、美白の基本であり、美白になる大前提です。

肌が明るくなるという評判で人気の「フランス式クレンジング」は、クレンジング時間が短くなることや、化粧水で拭き取ることは、肌の負担を軽減しますが、シートタイプの拭き取りクレンジングは刺激が強いので、敏感肌の方にはおすすめしません。


毎日のクレンジングや洗顔んをしっかりすることで、人間が本来持っている透明感のある美しい素肌に戻ろうとする自然治癒力が、肌環境を整える能力をさらに引き出します。ただし、クレンジングは肌にストレスがかかるので40秒以内にサッと洗い落としましょう。


もし自分のお肌が「やせてきた」とか「疲れている」」と感じた時にはダブル洗顔は思い切ってやめて、お肌を休息させてみましょう。朝はぬるま湯だけでもOKです。





にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ
にほんブログ村




にほんブログ村




にほんブログ村

ブログ村に登録しております。
こちらも、相互での協力おねがいします。
posted by eco at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。