2015年10月30日

肌年齢を若く保つために――美白と紫外線対策

紫外線対策については以前にも少し触れましたが、今回は美白と紫外線についての話題です。
「美白化粧品を使っているから大丈夫」――そう思っているとしたら、そこには大きな落とし穴があります。
美白化粧品には「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」という効能があります。
ですが、使用中はメラニン色素ができにくくなる状態になっています。
日焼けによって肌が黒くなるのは、メラニン色素によって紫外線から肌を守ってくれたからです。

つまり、美白化粧品を使うときは紫外線に対する皮膚の抵抗力を補う必要があるのです。
UVファンデーションなど日焼け止め化粧品により紫外線をカットするのが必須です。
美白効果が高ければ高いほど、肌が紫外線の影響をうけやすくなるので、この二つはセットで使いましょう。


posted by eco at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。